菊川茶の特徴

お茶の菊川”が誇るは深蒸し煎茶です。
菊川茶の大きな特徴は甘味を増して味を大切にしているところです。菊川産の茶葉は、葉肉が厚く長時間の蒸しに耐えられるため、普通煎茶の2〜3倍の蒸気をあてることで、よりまろやかな味わいを生成でき、緑茶のうまみを十分発揮した煎茶が生まれます。そのために、やや粉が多くなりがちですが、この粉成分も菊川の深蒸し茶ならではの上品な味と、濃緑色を育む大きな要素なのです。

形を選ばずおいしいお茶を求める方には、従来のお茶では味わえないうま味が口に残ることに納得し、その味に必ず満足していただけると思います。

●渋みが薄く甘みが濃い。
●コクがあり、喉越しが良い。
●飲んだ後口中がさわやか。
●煎が良くきく。
●水色が美しい。