日本茶の効能(健康)

発がん抑制効果

緑茶の中に含まれるタンニンの主成分EGCG(エピガロカテキンガレート)にはガンの発生を抑える効果があるらしいと国立がんセンター、国立遺伝研究所などでも発表されています。

動脈硬化・高血圧・脳卒中予防効果

緑茶には血液中の血圧上昇物質成分を阻害する効果があります。またコレステロールの中には体に良いものと悪いものがありますが、緑茶を飲むと体に良いコレステロールだけが体内に残り、動脈硬化防止になり、さらに緑茶に含まれているタンニンが血中のコレステロールを低下させる作用があると研究成果が発表されています。

解毒効果(食中毒防止)

緑茶に含まれているタンニンには、有毒成分と結びついて、体内に吸収されにくい状態にして、体外に排出させてくれるという働きがあります。

日本茶の効能(美容)

美容効果

緑茶には糖分がふくまれておりません。またカロリー量はほとんどありませんので、ダイエット効果が期待できます。緑茶に多く含まれているビタミンC(ミカンの約7倍)は、肌の弾力性、水分の減少を防ぎ、色を黒くするメラニン色素の沈着を抑制する効果があると言われています。

老化防止効果

緑茶に含まれているタンニンには、老化防止を促進する脂肪の酸化を防ぐ働きがあり、その効果はビタミンEの20倍もあると言われています。

二日酔いの特効薬、虫歯予防効果

緑茶のカフェインは肝臓でのアセト・アルデヒド(二日酔いの原因有害物質)分解酵素の力を高め、これにビタミンCの働きが加わってより分解が早められるといわれています。また、緑茶に含まれているポリフェノール類が虫歯や歯周病菌の増殖を抑える強力な作用があります。